ロレッタブログ

「ぶさいく村」の住人だった鴻上尚史が明かす“容姿”がもたらす絶望と希望  -  2019.04.18

鴻上尚史の人生相談。「10キロ太ったら、突然周囲の男性たちの態度がかわりました」と戸惑う相談者。鴻上尚史が答えた「容姿でジャッジされる理不尽」さと「人間の価値」とは? 【相談9】「結局女は容姿が10割でしょうか」(相談者 […]


マウンティングやパワーゲームは一抜けしましょう<つづき2>  -  2019.03.21

昨日のつづき。 このように、なにが良い悪い、正しい正しくないというのは一言で言えるものではないですが、 しかし大事なことは、 もし当人が今のありかたが苦しかったり違和感があったり、嫌なこと(敵意・恨み・呪詛・支配・復讐) […]


マウンティングやパワーゲームは一抜けしましょう<つづき1>  -  2019.03.20

昨日のつづき。 人は自分にメリットがあることしか続けられない生き物なので、その人なりの価値観と正論はあるんですよね。 そういう人を支えているものの見方や解釈、認知、認識の枠組みの転換(パラダイム転換)というのは、よほどの […]


マウンティングやパワーゲームは一抜けしましょう  -  2019.03.19

→●美容整形して可愛くor美人になって性格が悪くなる人はいますか? を読んだK様からご相談いただきました。 ディティールの違いはあれど似た訴えをお客様から、とてもよく聞きます。 K様にはブログ掲載の許可をいただいたので( […]


【柴門ふみの人生相談】50歳を過ぎて容姿の衰えを痛感 受け入れられるのはいつ  -  2019.03.17

・質問容姿の衰えを実感して、寂しい気持ちになることがあります。50歳を過ぎたころから、変化を感じるようになりました。朝、歯を磨くとき、トイレで手を洗うときに、鏡に映る顔を見ると、頬のしみが濃くなってきたなとか、だんだんま […]


デヴィ夫人の婚活論<つづき2>  -  2019.02.19

昨日の続き。 おそらくそれは、多様性の時代 (みんな違っていていい、それぞれの幸せの形) とは対極に位置する、エリート&タイトル第一主義(誰もが認める肩書、家柄と血筋が序列が支配する閉鎖的な社交界)の世界で比類ない成り上 […]


デヴィ夫人の婚活論<つづき1>  -  2019.02.18

昨日のつづき。 夫人は美貌と才覚で結婚して気が緩むどころか、その座に胡坐をかかず徹底した努力を継続→さらなる選び放題→我が道を自由に闊歩、というところが稀有。 他人の存在は自分を奮起させる一要素でしかなくて、 戦争の辛さ […]


デヴィ夫人の婚活論  -  2019.02.17

大反響の人気連載が書籍化でさっそくベストセラーらしい。連載自体が面白すぎるから無理もない!写真も見たことが無いものがいっぱいで眼福!さっそくサロンに置いてますよ。 →●デヴィ夫人の婚活論『選ばれる女におなりなさい』 人の […]


美容整形して可愛くor美人になって性格が悪くなる人はいますか?  -  2019.02.11

久しぶりに幹也先生の動画をみてみました。 このお話、すごーく良くわかります。「整形しない女のほうがバカなのよ、ケッ」とか他人をあざけったり、他の女性に対して「ブス黙れ!」みたいになる人は確かにある一定数います。でも、これ […]


Oggiでお悩み相談 つづき  -  2018.12.29

昨日の続き。 ちなみに自分の人生の根幹を舵取りできていない人は、些細なことに固執する傾向が強まることも。 たとえば、袖丈をミリ単位で何回も直したがる、誰の目にも見えないシミにこだわる、などの神経症傾向ですね。世間様を常に […]