ロレッタブログ

アクティブレスト - 2017.11.13

「休日にぐうたらしてばかりいると余計に疲れる気がする。ちょっとでも動いた方が調子がいいように思うんだけど、あれって本当にそのほうがいいのかな?」というご質問をいただきました。

実はそのとおりなんです!
かるく身体を動かすことで疲労物質を軽減させる方法をアクティブレストといいます。最近は大分広まってきましたよね。アクティブレストという言葉は知らなくても、ご質問くださった方のように日々の生活の中で実感して活用している方も多いと思います。

特にデスクワークが主の方は、1日の終わりに感じる疲労は全身の筋肉を使い切ったことによるものではなく、頭脳労働と精神労働によるもの。頭脳労働は脳の疲労、肉体的な疲労があるとすれば首・肩・腰を長時間硬直させたことによる偏った疲労なので、リラックスして寝たくても逆に頭が冴えてしまって寝つけなかったりします。それでお酒の量が増える人、食事の量が増える人(セロトニン分泌が増えるから)も多いわけ。

でも、これが続くと健康にも美容にもマイナスなのは明らか。こういう風になりやすい人ほど、実は身体を動かしたほうが気持ちも切り替わってよく眠れるんじゃないかなって思います。
特に病気といわれるほどの原因がないのにやたらと体が疲れる・・という時は、身体の筋肉が衰えています。筋肉不足から疲れやすくなっているんです。

■完全に休むのではなく、適度な運動で疲れを軽減 「アクティブ・レスト」のすすめ 解明! 運動と休息の深い関係