ロレッタブログ

西表島のお土産 - 2019.10.10

週2回ピラティスでお通いいただいているU様から、沖縄の西表島のお土産をいただきました!どうもありがとうございます!イリオモテヤマネコで有名なせいか、風情のある猫イラストがかわいい!

黒糖は煮物用に常備しているので、さっそく使いますね。黒米も必ずお米を炊く時にブレンドしているので、たすかります。栽培法も安易に農薬に頼らず、とても気をつかっているようです。四国よりも南にいったことがないのですが、沖縄はビーチも白砂で美しいときいたことがあります。

地図で西表島を探したら、もうすぐ隣が台湾。サンゴ礁でできた島もあるらしい。U様はカヌーやシュノーケリングなどアウトドアのレジャーを満喫したそうです。

イリオモテヤマネコは、お土産のイラストのとおり縞々がとてもはっきりとしているみたいです。体重3~4kgと、意外と小柄。でもフィーちゃんと喧嘩したらフィーちゃんはビビリだから絶対に負けそう・・・。

→●環境省 イリオモテヤマネコ

現在の生息数
推定個体数は100~109頭(平成17年~19年度第4次総合調査)。減少傾向

形態的特徴及び生物学的特性
西表島の固有種。体重3~4kg、頭胴長50~60cm
育児・出産については、2頭前後を樹洞などに産んだ事例が報告されている。
餌は小型哺乳類、鳥類、爬虫類、カエル類、昆虫類と多様

人間の身体は縄文時代と同じらしいので、自然に囲まれて生きるのが本来の暮らし方なのでしょうね。デスクワークやITワークのかたは、南の島や自然の中でのレジャーを楽しみに行かれる方が多いように思います。

そういう自然な感性やシステムが狂ってしまった心身及び自律神経失調状態の人は、鬱になる人もいるけれど、こんなループを辿る人も多いかな。

 

たとえば・・・・朝起床。だるい→甘いお菓子やカフェインで血糖値を無理矢理急上昇させる→ハードワーク→途中の煙草で一息ついたつもり→ハードワーク→大量の肉や油物、炭水化物、大量飲酒で無理矢理鎮静して就寝(とうか泥酔して気を失う)→翌朝起床→だるいので再びカフェインと甘い物・・・みたいな無限ループ。

こういう場合、たまの貴重なオフの時間は、過酷すぎる運動(トライアスロンとかフルマラソンとか100㎏のバーベルでの筋トレとかの類のもの)か、アンダーグラウンド・エロの淫靡な世界や買い物依存に走っているかな。

自分の家庭でほんわかぬくぬくした労わり合いのひとときとか、じんわりじっくり動くようなエクササイズでは、ハードワークのストレスから忘我の境地に至れないのだと推測する。ドーパミンへの依存症的世界の住人あるある、ですね。生活習慣病って、そのとおり生活の習慣の病だということが、よくわかります。