ロレッタブログ

女性の死に方 漫画版 - 2021.04.28

昨年ブログでご紹介した「女性の死に方」。

女性の死に方

文集オンラインで漫画化されていました。第4回目は乳がんを放置して亡くなった方のお話。そういう方が遠い知人にもいますし、お客様からも伺ったことがあります。

知識を得ようとする努力もしないまま過剰に恐れるのは無意味だと思うし、わざわざ粗末に扱う必要もないと思うのだけど、最終的には本人が自分の身体をどう扱おうが本人の勝手なんですよね。結局他人にできることってとても少ないのです。

現役の法医解剖医として、これまで20年以上にわたり3000体におよぶ死体と向き合ってきた兵庫医科大学法医学講座主任教授で法医解剖医の西尾元さん。主に「異状な死に方」で亡くなった遺体と向き合う日々を過ごす西尾さんだが、近年、気になっているのが「女性の死」だという。

 高齢者層の増加に加え、伴侶との死別や離婚、未婚によってひとり暮らしの女性が増え、亡くなり方にも変化が予想されるという。女性の生活スタイルが大きく変わりつつある現代だからこそ、西尾さんのさまざまな経験を記した自著『女性の死に方』から、実際のケースを参考に、自身の「生」を充実させるために気を付けるべきポイントを紹介する。

通院歴のない50代女性の突然死 彼女が治療を拒んだ「悲しい理由」とは?