ピラティス

 
「ピラティス」の創始者、ジョセフ H.ピラティス(1883~1967)は、幼少期に、くる病、喘息、リウマチなどに悩まされた経験から、自身の体質改善と体力増加の為に、ボディービルや体操、ダイビングなど様々なスポーツに取り組み、健康な体を取り戻しました。

第一次世界大戦中に、ピラティス氏は収容所で看護師として
寝たきりの患者へのリハビリを考案。ベッドのスプリングを利用してエクササイズの器具を作りました。これが現在の「キャデラック」と呼ばれるピラティスマシンの原型です。このように、ピラティスはリハビリテーションのために開発されたエクササイズから始まりました。

その後、アメリカに渡り、スタジオを開設。ピラティス独特のトレーニング法の効果はダンサーたちの間で急速に評判となり、世界に広まりました。ダンサー以外に銀幕スターのヴィヴィアン・リー、ローレンス・オリヴィエ、キャサリン・ヘプバーンらもクライアントとして通っていました。またいち早くレノックスヒル病院の整形外科医局長からはピラティスによるリハビリ効果は注目され、自身の多くの患者にピラティスを進めていたそうです。

ピラティスは、運動の「量」を重視する一般的なトレーニングとは異なり、正しく呼吸を行いながら、身体の内部の筋肉をきちんと動かし、普段あまり意識しづらい細かな筋肉や全身の隅々の状態にまで意識を集中させます。またエクササイズの動きは止まることがなく、なめらかに流れるように動きをコントロールしながらスムーズに連続させていくフロー、つまり「動きをどう行うか」という、運動の「質」と「正確さ」を重視しています。そのため、インテリジェント・エクササイズとも言われます。

ピラティス氏は自身のメソッドで「呼吸」「集中」「センター」「コントロール」「正確性」「フロー」を重視し、自身が考案したエクササイズを「コントロロジー」と呼びました。これが現代においては「ピラティス」と呼ばれるようになります。ピラティス氏は、コントロロジーは「10レッスンで気分が良くなり、20レッスンで見た目が良くなり、30レッスンで新しい身体に生まれ変わる」と語りました。

ピラティスは誰にでも、全ての人に役立てることができるエクササイズであり、ピラティスを通じて正しい体の使い方を身につけることにより、運動不足の解消のみならず、正しい姿勢に近づくことで肉体の強靭さ、肩こりや腰痛の緩和や改善、柔軟性、コーディネーション(協調・調和)の向上、集中力の向上、メンタルもリフレッシュされるなど、多角的な効果が実感できます。
身体の使い方や習慣は、無意識化のマインドこそが大きく影響すると考えたピラティス氏は、コントロロジーとは、「ボディ」と「マインド」と「スピリット」が融合した、マインドで身体の完全なコントロールを実現し、またそれを繰り返し再現することでバランスの良い身体を作り上げること。心身が調和し、一体である究極の形としました。ピラティス氏が「私の考えは50年早かった」と語るその考えは1945年に「Return to Life through Contrology」として出版されています。

 

ロレッタのピラティスメソッドは?

ロレッタでは、ピラティスのトップブランド、STOTT PILATES®(ストットピラティス)の理論に基づきお客様の指導を行っています。

数多くあるピラティスメソッドの中で、「ピラティス界のアイビー・リーグ(名門校)」とも呼ばれているストットピラティスは、カナダのトロントに本部があり、現在では世界93の国と地域で約5万人のインストラクターが所属している団体です。世界NO.1のピラティスブランドとして様々な分野から高い注目を集めているストットピラティスのメソッドとゴールは、怪我のリスクを避け、筋肉を不必要に大きくせず、強さ、柔軟性、持久力を向上させ、姿勢を改善することです。

ピラティスの基礎となるジョセフ・ピラティス氏の本質、神髄、原則を基本に、パフォーマンスの向上のために現代の解剖学、生体力学の要素を取り込み、革新的変化を続ける最も安全で効果的なメソッドとして、常に発展を続けています。
例えば、平らでまっすぐな背骨にすることを目指した元々のジョセフ・ピラティス氏の理論とは異なり、ストットピラティスでは、呼吸、骨盤の配置、胸郭の配置、肩甲骨の動きと安定、頭と頸部の配置の5原則に基づき、身体に負担の少ない動きで、安全かつ効果的に体幹の安定・強化をします。

 

ストットピラティスとは

ストットピラティスは、身体への負担の少ない動きで、安全かつ効果的に体幹の安定と強化をします。絶えず最適な姿勢を意識しながら、少ない負荷で確実に全身の筋肉をくまなく刺激し、無理ない範囲で動くことで最大の効果を引き出すことができるのがピラティスの特徴です。毎回のセッションでは、ストットピラティス独自の5原則に基づきながらエクササイズを行う意識と強化をつづけることにより、身体の動きに対する意識の向上を目指します。それにより、日常生活からスポーツまで、全てのパフォーマンスの向上が期待できます。ニュートラルな姿勢、体幹の安定、正しい呼吸、脊柱の自然なカーブは、本来の体の不要な過度の緊張を解き放ち、柔軟性を向上させ、QOL(クオリティオブライフ)を進化させます。
ストットピラティスは、リハビリ後のトレーニングなどの医療分野でもその役割が期待されており、アメリカやカナダでは医療機関からも高い信頼をうけています。

ストットピラティスは、フィットネスのビギナーから、フィットネス愛好者、高齢者、リハビリが必要な方(事前に主治医の許可が必要です)、スポーツのパフォーマンス向上、プロのアスリートまで、一人一人の身体、目的に沿ったプログラムを提供します。特に運動が苦手な方や筋力が弱い方、故障者にも安全かつ効果的なエクササイズが実践できるように、準備段階のエクササイズやモディフィケーション(調整)が大変充実しているのも、ストットピラティスの大きな特徴です。

ロレッタのピラティスの特徴は?

ストットピラティスには、インストラクター取得資格のための知識や技術を学ぶことができるカナダ本部公認のライセンストレーニングセンターが世界各国に設けられています。
ロレッタのオーナーは、このライセンストレーニングセンターにおいて、東日本には僅か4名(2018年現在は3名)のインストラクタートレーナーの全員から、2008年以来パーソナルセッションを毎週受けてきたクライアント当事者としての特筆すべき経験があります。
オーナー自らが、ピラティスビギナーのクライアント当事者としてスタートし、数年後には最難度の上級エクササイズまで可能になった、いわば「受け手(クライアント)としてのプロ」として11年を経てから、認定インストラクター資格を取得しました。
運動に不慣れなクライアントが間違えやすいエクササイズのポイント、特に感覚がつかみづらい筋肉やフォーカスしたい筋肉に働きかける的確なプログラミングを、知識のみならず長年のクライアント経験から誰よりも体得、熟知したオーナーがマンツーマンで指導します。

Q.どのくらいのペースで通った方がいいですか?

最低でも、週に1回のペース。効果を早く感じたい方は週2回~3回のペースをお勧めいたします。
姿勢改善のためには継続することこそが肝腎です。
ピラティスは繊細な動きの反復運動です。正確さと質を重視しながら少しずつ運動スキルを習得することにより、身体意識の向上を目指します。性急に劇的な結果を急ぐ人には、一般的なエクササイズよりも時間がかかるように感じられるかもしれません。
運動習慣をもたない方がいきなり激しい運動を行うと、身体への負担となり故障するなどの逆効果になってしまいますが、時間のない方や体力に自信のない方でも、個別に合わせたレベルで無理なく続けることができるのがストットピラティスのパーソナルセッションです。

Q.セッションで着用する服装は?

ジャージやTシャツなど動きやすい服装と靴下をご持参ください。特に指定はありませんが、持ち物はタオルと靴下をお願い致します。シューズは不要です。飲み物は精製水をご用意しておりますが、ご持参も可能です。

Q.身体に故障を抱えていますが、ピラティスはできますか?

ピラティスはもともとリハビリテーションのために開発されたエクササイズです。身体に故障のある方は、事前に主治医にピラティスをしても良いかどうか許可を得た上で、セッションをご相談ください。

Q.ピラティスとヨガは何が違うのですか?

ヨガはインド発祥の人生哲学を深めるための運動です。
ピラティスはドイツ人のジョセフ・H・ピラティス氏によって考案された負傷兵のリハビリテーションエクササイズが発祥です。
ピラティス氏はヨガの動きや呼吸法も参考にしながらピラティスを考案したと言われ、動きや考え方に似た部分もありますが、ヨガは動きを通して、自身の心を見つめなおすことにあるのに対し、ピラティスは動きを通してバランスのとれたしなやかな身体をつくることが目的です。
また、ヨガにはポーズがありますが、ピラティスでは動きを止めることなく、連続としてとらえています。
ピラティスでは身体の柔らかい人であっても本来の可動域を超えて動かすことはせず、関節を守りながらあるべき動きの範囲で身体を正しく使えることを重視します。したがって、身体の硬い人でも取り組みやすいエクササイズといえます。ピラティスでは、普段意識しづらく、衰えやすく、かつ鍛えにくい部分に注意を向けることで、ケガや腰痛から守り、背骨を健康な状態に保ちます。
ピラティスとヨガは共にマットを使用しますが、厚さも役割も異なります。
また、ヨガはマットだけで行うのに対し、ピラティスは各種マシンを使用することできるため、高齢者や筋力の弱い方でも、無理のないペースでエクササイズに取り組むことができます。
ピラティスでは呼吸において息を止めることはありませんが、ヨガでは止息が重要視されています。

パーソナルセッションのメリット

インストラクターとマンツーマンで受けるセッションです。
セッションの前に、バイオメカニクス(生体力学)と解剖学の知識に基づき姿勢分析をし、お身体の状態をチェックします。個々の姿勢や特徴、ニーズにしたがって、セッションのプログラムをカスタマイズします。プライベートセッションは予約フォームからの事前予約、またはお電話にて承ります。

パーソナルセッションとは?

パーソナルセッションではインストラクターと1対1のセッションを行います。したがって、正しいフォームのためにより細やかな指導で動きを修正することができます。
セッションはお一人おひとりに合ったペースと内容で進められるため、最も効果が感じられやすいです。
 

こんな方におすすめ

  • 自分に必要なエクササイズで効果を出したい方
  • 「なんとなくできているつもりのフォーム」ではなく、「正しいフォーム」で安全かつ効率的なエクササイズを追求したい方
  • 1つ1つのエクササイズを行う理論まで理解してエクササイズに取り組みたい方
  • 効果を早く感じたい方
  • 身体の特定の部位の動きや悩みを解消したいなど、明確な目的がある方