ロレッタブログ

外反母趾手術 術後2か月目 - 2018.07.15

6月末は術後2か月目検診でした。

腫れが大分ひいて、足の甲に触れると骨に埋め込まれた吸収性ネジの頭が判るぐらいになりました。このネジの頭が靴などに当たって痛い人は、後日ネジを抜去するのだそう。

実は私、フェイスリフトの糸も頭皮から出てきたんですよ。いくら身体になじみが良い素材であっても異物には違いないので「なんだこの糸!出してやれ!ペッ!」て身体が吐き出したんでしょうね。(笑)先日タカナシにとってもらったんです。なので、このネジも身体が排出しそうな気がしてならない。ねじ取ったり、糸取ったり、無駄にお金もかかるけど、我が身の生命力の強さに感心。でも40代になっても筋肉量を維持し続けるどころか増やしてこれているのだから、マイオカインの分泌量も多いだろうし、全身的に免疫力が高いのは当然といえば当然なのかも。

長年エステの仕事をしているとよーくわかるのですが、年をとって虚弱になる人と、社会的にも生産性を保ちながら活動的に生きる人と、二極化します。こういうのって富裕か否か、社会的ステイタスが高いかどうか、旦那が出世しているかどうかとか全く関係ないんですよね。お金で人間ドッグなどの医療サービスやサプリは買えても、筋肉は自分で動かさないと発達しません。

やらない人はやらない結果の身体が、やる人にはやった結果の身体になるだけ。すごくシンプルで、平等です。
サロンでパワープレートやピラティスのセッションにお通い下さるお客様もかなり増えましたが、セッションで整えた身体や筋肉の使い方を日常生活のあらゆる動きに応用してみてください。正しい姿勢と正しいフォームは、これまで姿勢が緩んでいた方ほどトレーニングにもなります。足先指先の身体の隅々まで意識して動かすことで、生活そのものをトレーニングに変えましょう。日々の積み重ねほど驚異的な効果をもたらすものはありません。

さて、外来ではカーフレイズの許可が出たので、主治医にパワープレートも使用可能かどうか訊ねたら、こちらもOKとのこと!本来スポーツは術後3か月目から可能になるものなので、2か月目で許可なんて回復が早くてますます嬉しい!

しかも自宅で久々にパワープレートをしたら、術前より筋力がアップしていて全く辛くない。(笑)この2か月間、チェアピラティスやウォーキングを継続していたおかげと思われる。継続すれば身体が必ず応えてくれることの証明ですね。

レントゲンでは着々と骨ができあがってきている様子も確認できました。リハビリ室では、糖尿病による下肢切断と思われる方々が多いです。骨ごと切り落としたら、もう同じものは生えてこないわけで。洋服は買い替えることができるけれど、身体は一生おつきあいするもの。食べ物と運動とスキンケアが身体を作るのだとすれば、心は見聞きする情報や触れ合う人で在り方が決まります。

ロレッタのトップページに表示されるこのメッセージは、開業当初から全く変わっていません。
自分で自分に限界を設けずに、良いものを柔軟に取り入れて、良い人と出会って触れ合って、大いに影響を受けながら、よりよい自分に進化していきたいものですね。