ロレッタブログ

ヘレン・フィッシャーの著作 - 2010.09.24

ヘレン・フィッシャーの著作を一気に読みました。
愛はなぜ終わるのか―結婚・不倫・離婚の自然史

人はなぜ恋に落ちるのか?―恋と愛情と性欲の脳科学

「運命の人」は脳内ホルモンで決まる!

とくにこの本は、去年からずっと頭にひっかかっていた「薬指と人差し指の長さとパーソナリティの関係」につっこんでいて、とってもおもしろかったです!
1年間ひっかかり続けていたことが、ついに解明!というのはすっきりしますね~~!

人間のパーソナリティは、性格と気質という異なる2種類の性向からなりったっているそうです。
「性格的傾向」は、経験から生じるもので、数え切れないほどの文化的な影響も相まって1人1人の性格的傾向ができあがる。
「気質」は、生物学的にきまっていて、遺伝的に受け継いだ気質、感情や思考、行動の一環したパターンを織りなす幼児のころからの傾向性のことを言うそう。

「経験できまる性格」+「遺伝的な気質」=パーソナリティ

そのパーソナリティには基本的な4タイプがあり、これが色々な配合で組み合わされて、どの人独自のパーソナリティになっていると考え、その人なりに4つのタイプが混じりあっているが、とくにしょっちゅう(自然に)現れる対応があり、生物学的な気質にとって一番重要なのは、基本タイプと副タイプの2つなのだそう。
4つの脳内化学物質とパーソナリティの傾向についてはこちらへ